運営:ふくちたつや司法書士・行政書士事務所

〒060-0003 北海道札幌市中央区北三条西七丁目1-1SAKURA-N3
(札幌市営地下鉄 さっぽろ駅10番出口から徒歩7分)

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

011-206-4217

相続手続きの基礎、相続財産とは?

相続手続きの基礎、相続財産とは?

相続手続きを行うにあたって、故人がどんな財産を持っており、それをどのくらい持っていたのか、借入金などの債務はあるのかといった、故人が所有していた相続財産の全体を把握することは、とても重要なことです。

 

相続財産の把握は、相続放棄や限定承認、さらには遺産分割協議の基準にもなりますので、相続が開始したら早めに取り掛かることが重要となります。

相続財産って一体なに?

相続財産には、故人が持っていたプラスの財産(例えば、現金や預貯金、株式などの有価証券、不動産、車、過払金など)だけではなく、マイナスの財産(例えば、住宅ローン、カードローン、保証債務、未納付の税金など)も含まれます。

 

繰り返しになりますが、故人が残した借金などのマイナスの財産も相続財産に含まるれるため注意が必要です。

 

相続財産は、遺産分割協議の対象となるため、故人が遺言書などを残していない限り、誰が何を引き継ぐかについては、相続人全員の合意が必要となります。

 

なお、受取人が故人以外の生命保険金や死亡退職金などは相続財産には含まれませんが、相続税の計算では、みなし相続財産として課税対象となります。

クリックすると拡大します

相続財産の調べかた

故人の自宅を調べましょう

では、どのように故人の相続財産を調べればよいのでしょうか。

 

相続財産の調査をする上で手掛かりとなるものは、故人の通帳、キャッシュカード、クレジットカード、証券会社からの案内文、車検証、権利証、不動産登記簿謄本、売買契約書、納税通知書、借用書、確定申告の控えなどです。

 

そこで、まずは故人の自宅を中心に相続財産やその資料となりうるもの探してみましょう。

 

故人の金庫、机の引き出しや棚の中、仏壇などの重要な書類が保管されていそうな場所を入念に探します。

 

もしも、貸金庫を契約していた場合、その中に重要な書類が保管されている可能性がありますので、そちらも忘れずに調査しましょう。

 

なお、貸金庫を開けるためには、相続人全員の同意が必要などの手続きが必要となりますので、事前に金融機関などに問い合わせておきましょう。

通帳や郵送物も手掛かりになります

通帳については、現在の残高を知ることも重要ですが、それだけでなく、具体的な引き落としや入金、振込などの記載から、株式や投資信託などの存在を知ることが出来ます。

 

また、クレジットカードの利用代金の支払いも口座引落となっている場合がほとんどですので、借入れの存在も知ることもできます。

 

個人間で継続的に振込や入金があった場合は、お金の貸し借りがあったことなどの手掛かりにもなりますので、併せてご確認ください。

 

相続財産の調査には、金融機関、証券会社、クレジットカード会社からの郵送物も手掛かりとなります。

 

なお、借入金などの債務も確実に調べる必要がありますが、その性質上、請求書や借用書などが故意に隠されている可能性がありますので、注意深く調査をしましょう。

実際の権利関係や現状の調べ方

不動産

不動産については、調べたい不動産の権利証や固定資産納税通知書、売買契約書などから所在や地番、家屋番号を調べ、法務局で登記事項証明書を取得することで該当する不動産の権利関係がわかります。

 

また、名寄帳を閲覧することで、同一の市町村内の故人が所有の不動産を確認することが出来るので、不動産の所有についてわからない場合などは、併せて取得します。

その他の財産

銀行など金融機関や証券会社、保険会社については、上記で得た手掛かりから直接、個々の会社などに取引があったかどうか、取引内容を確認してみましょう。

 

なお、借入金も相続財産なので、忘れずにクレジットカード会社や消費者金融に取引内容を確認してみてください。

 

取引内容の確認には、戸籍謄本などの提出が必要となるので、事前に問い合わせなどをして確認しておきましょう。

財産目録の作成

最後に、調査の結果判明した、財産の内訳を表にして、相続人全員で把握できるよう財産目録を作成します。

 

財産目録は、財産を評価することで遺産分割協議の資料として使用したり、相続税の有無を確認できたりします。

 

決まったフォーマットは特にありませんが、プラスの財産とマイナスの財産を分けて記載をしておくと後から見やすくなるためお勧めです。

最後に・・・

相続財産の調査、把握は、相続開始後できるだけ早めに取り掛かるようにしましょう。

 

原則、相続放棄や限定承認の期限は、相続の開始があったことを知ってから3か月以内という期限があります。

 

したがって、できるだけ早く相続財産の把握をすることで、プラスの財産が多ければ相続の承認、マイナスの財産が多ければ相続の放棄や限定承認を選択するといった判断を余裕をもってできるようになるからです。

 

相続財産の調査は、故人の財産の多少によっては、想像以上に手間や時間がかかってしまう場合があります。

 

また、調査した財産に漏れがあった場合は、新たに遺産分割協義を行う必要が出てきたり、相続の放棄や限定承認の判断に影響を及ぼしてしまいかねません。

 

相続手続きの専門家である司法書士・行政書士が、書類の収集はもちろんの事、相続財産の調査、相続人の確定、各種名義変更の手続きまであなたの代わりにお手続きをさせていただきます。

 

「こういう場合はどうすればいいの?」

「困ったことが起きてしまった」

 

というご相談を無料で受けております。

 

何をすればいいか分からない。
どう進めていいか分からない。
生き別れの相続人がいるはず。

 

など少しでもご不安な事があれば、まずは無料相談をご利用ください。

関連する記事のご紹介

こちらの記事を読んだ方には、下記の記事もよく読まれています。ご一読ください。
 

札幌で相続にお困りならふくちたつや司法書士・行政書士事務所へ
名称 札幌相続遺言プラザ
運営:ふくちたつや司法書士・行政書士事務所
代表者 司法書士・行政書士  福池 達也(ふくち たつや)
住所 〒060-0003 北海道札幌市中央区北三条西七丁目1-1SAKURA-N3
電話番号 011-206-4217
FAX番号 011-351-5809
受付時間 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
主なサービス 相続、生前対策(遺言、成年後見、信託)、離婚、会社設立
URL https://www.fukuchi-office.jp/

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

011-206-4217

営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

011-206-4217

フォームでのお問合せ・ご相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒060-0003 北海道札幌市中央区北三条西七丁目1-1SAKURA-N3

アクセス

JR札幌駅西口から徒歩10分
地下鉄さっぽろ駅10番出口から徒歩7分
地下鉄西11丁目駅4番出口から徒歩12分
地下鉄大通駅から徒歩14分
市電西8丁目駅から徒歩9分

受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

福池 達也

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

代表者ごあいさつへ